0%

「N.N.N / RAM」 INTERVIEW掲載

Posted By: manager On:


 

アルバム発売おめでとうございます!!!

今回のアルバムのタイトルをお願い致します。

「N.N.N」です。

RAM_NNN_500

 

アルバムタイトルの名前はレーベルと同じ「NNN」という名前ですが、どういった経緯からつけられたのか教えて下さい。

そうですね、レーベル名がNNNに変わり、その第一弾のアルバムという事でしたので、レーベル名を覚えてもらおう
と思いN.N.Nとしました。僕が好きな曲名のパターンとも合いますしね(笑)

 

 

前回のアルバム「RE:CHARGE」「OTHERS 1,2」と続いてきましたが、今回は聴いたところ「RE:CHARGE」に近い気がしました。
「RAM」はどういうコンセプトで曲制作をされているのでしょうか。

うーん、元々コンセプトととかを考えるのは得意ではないのですが、OTHERSを経て、RAMの本筋であるダンスミュージッ
クに戻ろうという事で制作をスタートしました。

 

 

アルバムの聴きどころ、面白いと感じるところはどこでしょうか。

とにかくバラエティーに飛んでいて、濃いめな所でしょうか(笑)自分で改めて聞いていてもお腹一杯になりますからね。
でも、最後のS.A.Rを聞くとスーっと楽になるというか、濃いめの曲たちが消化される感じが好きですね。

 

 

「NNN」のRAMさんの制作環境はどのような感じなのでしょうか。
良く使うお気に入りのシンセやプラグインソフトは何かありますか。

今回のアルバムからMacに移行しまして、Logic Proで制作を行っています、よく使っているといえば、Logic Proに入って
いるEXS24というサンプラー系のプラグインはよく使いますね。
S0159_Interface

 

何かアルバムを制作してきた中で思い出に残ること(ハプニングなど)ありますか。

とにかくMacに移行しながら作っていたので、使い方を間違えて曲を消してしまったり、セーブしたはずなのにされてなっかたり・・・
細かいトラブルを挙げたらキリがないですね。

 

 

今後の活動について、展開していきたいことなどあれば聞かせて下さい。

そうですねー基本的にはこの感じで続けていきたいなと思っていますが、GMさんやNAVEさんともっと共作を行っていきたいですね。
あと、NNNフェスですかね(笑)

 

 

RAMにとって音楽はどのようなものなのでしょうか。

なかなか難しい質問ですが、基本的にはあんまり音楽を聴かないですが、作曲を例えるならご飯のような物ですかね、、、

お腹が減ったら食べるみたいな、それぐらい単純であたりますの動機ですかね。あんまり大袈裟な感覚や捉え方はしてないですね。

 

 

最後にリスナーの方へメッセージをお願い致します。

これからも多くの楽曲をみなさんに提供できればと思っていますので、広い心で受け止めてやってください(笑)できればこのシーンがもっと拡大して、

一つのジャンルとして確立できればと思いますので末永くご協力ください。それでは。

 

———————————————————————————————————————————————————————————

RAM

1999年に『PENTAGON』のメンバーとしてDRUM’N’BASSシーンに参戦。海外、国内とわず数多くの作品をリリース。
特にUK FRONTLINEからリリースされたシングル”SOSPECIAL”の爆発的なヒットにより、世界中にその存在を知らしめることになった。
その後、同レーベルからリリースされた”MOVE ON/Quaver”はが国営放送BBC RADIO1のチャートにて堂々のトップ10入りを果たす。
続けてドイツPRECISIONやHARD EDGED、イギリスNU DIRECTIONS、HOSPITAL等、数多くのレーベルからリリースし、
幅広い音楽性から創り出される作品は、現在も世界中のレーベルからオファーが絶えず、多くの支持を集める。
『The United Future Organisation(UFO) 』のco-producerとしてもその名を知られている。
また、クラブシーン以外でも、『DEPTH』などのSweepStationシリーズや『ICO』などの
SCEJのゲームソフトにおいて作曲・編曲に携わるかたわら、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)の
『beatmania』においてレイヴ、エレクトロニカ、ドラムンベースを中心とした楽曲を数多く提供した。
その後『beatmania』を離れ、GOKUとのDRUM’N’BASSユニットであ『Cycle』や、GOKU・Saiko・amigoとのユニット『cargo』に参加。
『GHOST IN THE SHELL (攻殻機動隊)TRIBUTE ~CATEGORY:TECHNO STYLE Ver2.0.0 』では”KOICHI YAMAZAKI”名義で楽曲を提供するなど活動の幅は広い。
現在はNNN RECORDSに所属。継続的にリリースそしてカプコンの本格音楽ゲーム「crossbeats」などに楽曲を提供している。

LINEで送る
Pocket


Play Cover Track Title
Track Authors